快眠ブログ

2019年07月20日

敷布団のカビ!

梅雨のジメジメした時期はお布団が干せなくてカビが生えやすいです。最近は共働きが多く、昼間締め切った家に布団を干せずにいるご家庭も多いです。

子供は成長期で代謝が活発、汗をよくかきます。締め切った部屋だと、敷ふとんの裏にカビが生えるのはあっという間です。

特に最近の安い敷ふとんは、中綿がポリエステルで、蒸れて汗をよくかき、吸湿性がないのでカビが生えやすいです。

羊毛の入った敷ふとんだと、吸湿力発散性た高く、干さなくても部屋の空気に晒しておくだけでも水分を発散してくれます。

ただ、普通の羊毛敷ふとんは生地が吹き止め加工をしているので吸湿発散せいがもう一つです。通気性の良い生地を使ったウール100%が吸湿力発散性がよくお勧めです。

また吸湿マットを敷ふとんのすぐ下に敷くとカビはかなり防げます。ただし安物の類比品は吸湿力が劣るのでお気を付けください。

うちの子もよく敷ふとんにカビをはやしたのですが、これを敷いてからはカビが生えることはありませんでした。干せば繰り返し使えますので経済的です。

 

体験・来店予約はこちら

お問い合わせ
0774-52-2575

営業時間:10:00-18:00
定休日:年末年始・お盆

ご来店予約・メンテナンス請負については
こちらからお問い合わせください

来店予約・お問い合わせ