快眠ブログ

2019年07月13日

睡眠負債を解消するための週末の寝だめには気を付けて!

今日は睡眠改善インストラクターの勉強会でした。

「女性と子供の睡眠負債」 駒田陽子先生

睡眠負債の蓄積が心身に様々な悪影響を及ぼします

世界的にみても日本の睡眠時間は1、2を争う短さ

しかも女性の方が短く睡眠負債が蓄積しやすいそうです

「社会的ジェットラグ(時差ボケ)」という新しい概念を学んできました

自分の体内時計が朝方か夜型か

それが今の社会生活と適合していればいいのですが

合っていなければ、週末に夜更かしして寝だめすることにより

睡眠負債を解消することがかえって逆効果になることも!

つまり、睡眠の中央値(12時に寝て6時に起きれば中央値は3時)が

平日と週末とでずれが大きいと不調を招くそうです。

(例えば週末午前3時に寝てお昼12時に起きる

睡眠時間は9時間ですが中央値は7時半で

平日と4時間半の時差を生じ、不調につながる)

ではどうすればいいか?

1平日にこまめに負債分の睡眠をとる

2朝いつもと同じ時間におき、昼寝をたっぷり取る

(15時までに2時間ほど)

3いつもより1時間早く寝て1時間遅く起きる

(睡眠時間を増やしても中央値はずらさない)

一度自分の睡眠を振り返り

上手く睡眠負債を解消してください!

 

体験・来店予約はこちら

お問い合わせ
0774-52-2575

営業時間:10:00-18:00
定休日:年末年始・お盆

ご来店予約・メンテナンス請負については
こちらからお問い合わせください

来店予約・お問い合わせ