快眠ブログ

羽毛布団を下取りさせて頂きました!

羽毛布団のリフォームにご来店されました

今までも何回か羽毛のリフォームをして下さっている城陽市在住T様。
今回も羽毛のリフォームの予定でご来店されました。

まずは、お布団のチェックです。

今回ご持参頂いたお布団を診断させて頂きました。

側は、綿100%で破れなどはありませんでした。
中身の羽毛ですが、ダウン70%で1.4㎏入りでした。
ダウン(たんぽぽの綿毛のような羽毛)率が高ければ、高いほど軽くて暖かいと言われています。
リフォームの予定でご来店頂きましたが、ダウン70%と中身が気になりました。

リフォームの予定ですが、買い替えも提案させて頂きました。

検討されていたリフォームのコースは、綿100%の側でハンガリー産ダックダウン93%を200gたして、¥27.500でした。
使う予定が特にないから、安価なコースでリフォームをするわ!とおっしゃっていましたが、やはりダウン70%が気になりましたので、選択肢の一つとして、買い替えもご提案させて頂きました。
私が提案させて頂いたのでは、綿100%の側にハンガリーダックダウン93%1.4㎏入りのお布団で、¥39.600です。下取りキャンペーン中で3.000円お値引きができましたので、実質¥36.600でご提案しました。
差額が¥9.100ですので、中身を考えると少しお値段は高くなりますが、買い替えの方がお得だと思いました。

下取りで新しいお布団をお持ち帰りされました!

いろいろ検討した結果、買い替えをして頂きご主人様が使ってくださることになりました!
すぐに持って帰ってもらえることも、買い替えのメリットです。

リフォームをするべきか?買い替えるべきか?
悩まれる方も多いと思います。
お持ちのお布団の中身や量、傷み具合、ご予算や、使用方法、使用される方によって違ってきますので、一概にどちらがおススメとは言えません。
また、リフォームは比較的価格を抑えられますが、納期に時間がかかります。
今くらいの時期で普段使いの物は、すぐ使いたいからと買い替えを選ばれる方もいらっしゃいます。

さわだふとんでは、いろいろな事を踏まえて、リフォーム、買い替えなどをご提案させていただいております。
お布団のメンテナンス、買い替えをお考えの方は、まず羽毛診断にいらしてください。
お持ちのお布団がどのようなお布団で、傷み具合はどうなのか、知ってから検討されてはいかがでしょうか?

羽毛布団のリフォームをご注文頂きました!

カバーを洗濯しようと思ったら、羽毛が出てて…

初めてお電話をします。
お布団カバーを洗濯しようと思ったら、羽毛が出ていました。
リフォームできますか?
と、宇治市在住のF様からお電話がありました。
お布団を見てみないと詳しいお話ができないので、ご来店頂く事になりました。

お布団を見させて頂きました!

カバーをあけると、羽毛がたくさん出ていました.(白色がお布団、ピンクがカバーです。)
おそらく、劣化によって生地が破れてしまったのだと思います。
長年使用されていましたので、傷んではいますが良さそうな羽毛が入っていました。
リフォームをするのか、買い替えるのか、迷っておられましたが、持って来られた羽毛の品質と価格のバランスでリフォームをする事になりました。

まずはサイズです!

持って来られたのは、ダブルサイズでしたが、一人で使用されているとの事でした。
これからも一人で使用されるようでしたら、シングルサイズにする事も可能です。
価格から、シングルサイズにしようかな・・・
とおっしゃっていましたが、せっかくですのでシングルサイズとダブルサイズで寝比べて、サイズ感を確認して頂くことにしました。
使い慣れたサイズの方が良い場合もあるからです。
シングルサイズで寝ると、これでもいいわ!とおっしゃっていましたが、ダブルサイズで寝るとすぐに、ダブルにする!と決められました。
やはり、いままで通り広々使いたいそうです(*’ω’*)

次は、どのコースにするかです!

普段使いは、綿もしくはリヨセルの生地をご提案させて頂いております。
ポリエステルは、汗を吸わなくて、蒸れてしまいます。
また、ゴアテックスの機能素材の場合は、立体キルトを、
普通の綿の生地の場合は2層式キルトをおススメしております!

マチをたがい違いにすることにより、立体キルトに比べて肌沿いが良く、保温力があります!
F様は、綿100%の生地で2層式キルトのコースにされました。

買い替え? リフォーム?

長年使用した羽毛布団をリフォームするのに、こんなにかかるの?とお値段でビックリされる方もたくさんいらっしゃいます。
最近では、お手頃価格の羽毛布団も多く、買った方がいいのでは?と迷われます。
5万円で買い替えるのか?リフォームをするのか?どちらが良いかは、お持ちの羽毛布団によります。
古くなったから、買い替えたのに前のお布団の方が暖かい・・・
新しいお布団が暖かくないから、羽毛を足してほしい・・・
と相談に来られるお客様がいらっしゃいます。
新しいからといって、暖かいとは限りません。保温力は羽毛の質と量によって、大きく異なります。
長年使用していても、中身が良ければ断然リフォームの方が良いお布団に仕上がります。

前より暖かくない、羽毛が飛んでいることがある、買い替えを考えているなど、気になる事がありましたら、一度お布団をご持参ください(^^)/

予約優先で営業しております。まずは、お電話かLINEで、ご連絡をお願いします。
引取配達も行っております。(城陽市・宇治・京田辺市・井手町他 詳しくはお問い合わせください!)
お気軽にご相談くださいね!

羽毛布団のリフォームが仕上がりました!!

1番人気の西川ゴアテックス 

ダブルサイズでリフォームをご注文頂いていた城陽市在住N様のお布団が仕上がってきました。
リヨセル生地の西川ゴアテックス羽毛布団リフォームをご注文くださいました。
生地は、とても柔らかく、体によく沿います。
また、軽量ですので扱いやすく、とてもあたたかいお布団に仕上がっております。

12年使用したお布団をリフォーム

N様のお布団は、当店で12年前に購入して頂いていました。
とても気に入ってくださって、丸洗いや足し羽毛のメンテナンスもマメにして下さっていました。
しかし、冬の間毎日使う羽毛布団は、へたったり、側が傷んだりします。
メンテナンス毎に、お布団の状態を見させて頂いておりますが、今年はリフォームのご提案をさせて頂きました!

羽毛布団のリフォームが人気な訳は?

このように長年にわたり、さわだふとんをご愛顧頂いているお客様だけでなく、新規のお客様も羽毛布団のリフォームの相談に来られる方が増えてきています。
その理由として
①リフォームができることが認知されてきた
②原毛の高騰により、リフォームの方が買い換えるより良いお布団が、お安く作れる
③新しいお布団を購入したが原料高で品質が落ちていて、古いお布団の方があたたかい
④お知り合いからの紹介で
等、多くの理由があげられます。

さわだふとんでは、お洗濯・足し羽毛・リフォームとお布団の状態に応じたメンテナンスをさせて頂いております。
本格的に寒くなってきたからこそ、お布団の状態を確認してみてください。
羽毛の偏りはありませんか?
使ってみるとあまり暖かくないと感じていませんか?
羽毛が出てきていませんか?

何か気になる事がありましたら、お気軽にご連絡ください。
持込が難しい方には、引取にお伺いしております。
(引取除外地域・引取有料地域があります)

お布団をお預かりしている間、替がない方には、無料で貸布団をご用意をしております(^^)/
数に限りがありますので、ご相談ください(*’ω’*) (一部コースを除く)

羽毛布団、お洗濯していますか?

羽毛布団のお洗濯って必要?

冬の間、毎日・長時間使う羽毛布団ですが、お洗濯は必要なのでしょうか?
答えは必要です。
最近でこそお洗濯に持って来られる方が増えてきましたが、
まだまだお洗濯をされた事がない方が多くいらっしゃいます。
冬でもコップ1杯分くらいの汗をかくと言われております。
お布団カバーをつけて使用し、カバーはお洗濯されていると
思いますが、お布団の表面にも少なからず汚れがついています。ですので、お洗濯する事をおすすめしています。

羽毛布団のへたりの原因って?

長年使用していると、嵩が低くなります。
嵩が低くなっているお布団は、保温力も低下しています。
このお布団のへたりにも、お洗濯は影響しています。
へたりの1番の原因は、汚れにより羽毛が傷む事です。
タンポポの綿毛のようなダウンが、汚れにより丸まってしまい空気を含まなくなります。
それにより嵩が低くなり、保温力が低下します。
使い始めは1枚で使用していたのに、そういえば最近は毛布も使っている
前よりも寒く感じるなど、嵩だけでなく暖かさにも影響します。

3年毎のお洗濯をおすすめしています

お洗濯が必要なことはわかって頂けたと思うのですが、どれくらいの頻度で洗えばいいのか?
お客様からもよく、問い合わせがあります。
さわだふとんでは、3年毎のお洗濯をおススメしています。
最近は、毎年持って来られる方も増えてきました。
1度お洗濯をすると気持ち良くて・・・とおっしゃる方が多いです。

お手入れの目安
 3年→丸洗い 5年→足し羽毛 8年→丸洗い 10年→打ち直し
お布団の痛み方には、個人差がとてもあります。
打ち直しの目安は10年ですが、7年くらいでされる方もいらっしゃいます。
また、20年、30年使われたお布団を持ち込みされる方もいらっしゃいます。
お布団の状態により、適切なメンテナンスをして、長く暖かく使って頂きたいです(^^)/

さわだふとんでは、お布団をお預かりする前に必ず、羽毛診断をさせて頂きます。
まずは、ご自分のお布団を知る事から始めてみては、いかがでしょうか?
是非ご連絡をお待ちしております。



冬布団(羽毛布団)を片付ける前に、メンテナンスをおすすめしています! 

お布団の衣替え

今年は、暑くなったと思ったら、また寒くなって・・・とても不安定で、なかなか冬布団が手放せない!とのお声を頂いております。
そして、合掛け布団を見にご来店下さる方が、例年よりも増加しております!!!
冬掛けでは暑いけど・・・
肌掛けでは寒い・・・
この時期どうしよう?今着るお布団って・・・???
と悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいました。
しかし、そろそろ暑い日が続きそうです!!
そうなってくると、お布団の衣替えですね!

冬掛けのメンテナンス

冬の間使ったお布団は、お片付けをする前にお手入れをおススメしています!
冬でもコップ1杯分の汗を毎日かいていますので、カバーをお洗濯していても、お布団も少なからず汚れています。
そのまま片付けるのではなく、お手入れをしてから片付けましょう(*’ω’*)

メンテナンスの種類

それでは、羽毛布団のメンテナンスはどのような方法があるのでしょうか?
まずは、お布団の状態によりメンテナンスの方法も変わってきます。
使用期間、使用頻度、使用方法、側の種類、羽毛の種類、使った人などなど、同じお布団を同じ期間使っていても、お布団の状態は様々です。
お手入れ(毎年)
  →表面の除菌消臭をします。
丸洗い(3年毎)
  →洗濯機で水洗いをします。
足し羽毛(5年)
  →へたってきた部分に羽毛を足します。
リフォーム(7~10年)
  →中身を使って、側ごと交換します。

お手入れセール開催中

さわだ布団では、お手入れセールをおこなっております。
メンテナンスをする事により、気持ちよく、長くご利用頂けます。
この機会に是非、ご利用ください(^^)/
ご予約の方優先になっております。
事前にご連絡くださいね!

また、ご来店が難しい方は、地域によっては引取・配達もおこなっております。
遠方の方は、まずはご相談ください(*’ω’*)



  


羽毛布団のリフォームが仕上がりました!

京都府宇治市在住 U様

羽毛がでてきてて・・・
リフォームを考えております!とチラシをみてお電話がありました。
お布団をご持参頂くと、とても良い中身が入った羽毛布団で、お揃いで肌掛けもお持ちでした。
中身が良いお布団は、買い替えよりもリフォームをおすすめしています。

リフォームのコース選び

リフォームといっても、当店では27,500円~220,000円までいろいろなコースがあります。
何が違うのか?下記④点が大きく変わります。

①長年使った羽毛を使うので、まずは羽毛を洗います。
  洗い方には、❶お布団のまま洗う ❷羽毛をガーゼの袋に取り出して洗う ❸直に洗濯機で洗う

❶側のまま洗う
❸直に洗う

②足し羽毛の種類と量
  羽毛の種類には、①グース ②マザーグース ③ダックがあります。
③キルト(縫い方)の種類
④側生地の種類
  大きく分けて、①ポリエステル ②綿 ③テンセルがあります。
  着心地がよいのは、③>②>①です。
  ポリエステルは、安価・軽量でよく使われていますが、汗を吸わない、蒸れる、中の羽毛が
  出やすいといったデメリットがあります。

着心地、お持ちの羽毛の種類、使用頻度、ご予算によりコースをご提案させて頂いております。
毎日、長時間使うものですので、慎重に選んで頂きたいです!

人気のコースは?

当店では、ゴアテックスの側を使ったものが人気です。
ゴアテックスの側(外側の生地)を使用することにより、PM2.5やダニなど中にはいりにくく、保温力が持続します。
また透湿性に優れているので、蒸れにくい!
身体に沿ってくれるので、暖かいとご紹介や、追加でされる方が1番多いです。
そして、西川のゴアテックスは軽い!
お値段は張りますが、ゴアテックスの羽毛布団は、打ち直し、新品ともに大人気です。

コースを選ぶポイントは?

たくさんの中から選ぶポイントは、今のお布団よりバージョンアップする事!
上記が必須だと思います。せっかくお金をかけるのだから、今より良いお布団にして頂きたい!
使ってみて残念に思ってほしくない!
私は常々思っております。
ですので、着心地をまずはお伝えしております。側が硬くなると、添いが悪くなりいくら良い羽毛が入っていても着心地は下がります。
今よりも良い側に、良い羽毛を入れる事がベストですが、優先順位をつけるとしたら、側のしなやかさだと思います。その次に、足す羽毛の種類と量のご提案をさせて頂いております。
以上の事を踏まえてU様は、西川のゴアテックス(テンセル生地・マザーグース足し)をご注文くださいました。
お時間は少しかかりましたが、仕上がってきたお布団を持って「軽い!」と一言。
来シーズンより使用されるとの事でした。きっと気に入って頂けると思います。


羽毛布団は、メンテナンスさえしっかりしていれば、長い期間快適にご利用頂けます(^^)/
今使っているお布団の状態を知っておくことも大切ですので、是非一度羽毛診断にいらしてください!
ご連絡をおまちしております。




羽毛布団(リフォーム)を納品致しました!

以前にご紹介しておりました、羽毛布団のリフォームをお孫様用にご注文頂いておりました
京都府宇治市在住J様のお布団を納品させて頂きました(*’ω’*)

捨ててしまうとそれまでですが、一度見させて頂いた事により、あたたかいお布団に生まれ変わりました(*’ω’*)
これからまだまだ使って頂けますので、是非是非ご利用くださいね!

羽毛布団のメンテナンス
 毎日・・・四つ折りにして抑えて湿った空気を出す
 2週間・・・天日干し 片面1時間ずつ
 毎年・・・消臭・抗菌加工&乾燥
 3年・・・丸洗い
 5年・・・中身補充
 7~10年・・・羽毛のリフォーム

上記を参考にメンテナンスをおススメしております(^^)/
ご相談等お気軽にお電話・LINEにてご連絡くださいね!


羽毛布団の仕立て替え(リフォーム)を納品させて頂きました(*’ω’*)

京都府城陽市在住 H様

H様は、お布団のメンテナンスにご来店されましたが、お布団を見せて頂くと側が傷んでいました。
側から羽毛が出ている事をH様も気が付いておられたので、以下のお話をさせて頂き、評判のよいゴアテックスの仕立て替えをご提案させて頂きました。
長い間お待たせしてしまいましたが、このように喜んで頂けると私たちも嬉しく思います。
ゴアテックスはムレにくいので、長期間使用される方が多いです。
これから、オーダー枕とオーダー敷きと合わせて快適にお休みくださいね!

①羽毛はアレルゲン

側から羽毛が出ている状態で使用することは、知らない間に体に入ってしまうかもしれません。
個人差がありますが、咳や鼻水が出る方もいらっしゃいます。
ですので、側が傷んでいる場合は、仕立て替えをご提案しています。

②長年使うことにより羽毛がへたり、保温力が下がってしまう

羽毛布団を使っておられる方は、感じていると思いますが、羽毛布団はへたって嵩が低くなってきます。
冬でも一晩にコップ1杯分の汗をかくといわれています。
汚れにより嵩が低くなってくると同時に、保温力は下がり始めます。
ですので、買った頃は1枚で暖かかったのに、最近は毛布を使わないと寒いとおっしゃる方がいらっしゃるのです。
仕立て替えは、羽毛を再生させます。しかも元気な新しい羽毛をたします。
ですので、保温力が戻ってくるのです。

③へたりすぎると仕立て替えをしても羽毛がもどりにくくなる

今年は、このまま使って来年以降に考えようかな・・・とおっしゃる方もいらっしゃいますが、羽毛は使えば使うほど、傷んでいきます。どんどん嵩が低くなっていくのです。
羽毛の痛みがひどい場合は、仕立て替えをしても羽毛が再生しにくい事があります。
そうなる前に、仕立て替えをする事をおススメしています。

洗い方、足し羽毛の質と量、側の縫い方、側の生地により価格は様々

価格には幅がありますが、さわだふとんで1番人気はゴアテックスの仕立て替えです。
今回のH様もゴアテックスをしてくださいました。
お値段は確かにはります!
しかし、ご紹介やリピートが一番多いのは、ゴアテックスなのです。
H様のように満足して頂けているからこそのご紹介・リピートだと思います。
羽毛布団で何か気になる事がある方は、一度羽毛診断に来られませんか?
お使いの羽毛布団の状態を知る事も大切です(*’ω’*)




30年間使用された羽毛布団!

新品の羽毛布団より古い方が暖かい!?

先日、羽毛布団のご相談がありました。
長い間使用して、羽毛が出るから買い替えたとの事です。
ただ、新しいお布団よりも古いお布団の方が暖かい・・・
良く聞くお話です(*’ω’*)
羽毛布団の羽毛には、いろいろな種類があります。
また、昔の方が質が良い物が多いです。
ですので、長年使用していた羽毛布団の方が新品の羽毛布団よりも暖かい場合があります。

お布団を見させて頂きました!

長年使用されていましたので、側が傷んで羽毛もへたっています。

ただ、30年使用したお布団にしては、嵩があります。
これは中身の質が良いからです。
最近のお布団は、数年でへたって嵩が低くなっているものが多々あります。
本日見せて頂いたお布団は、しっかり嵩がありました。

購入された時のチラシと、品質表示を見せて頂いたところやっぱり良い羽毛が入っていました。
 ハンドピック・・・良い羽毛を手摘みでとっていました(現在はしていません)
 グースダウン・・・羽毛にはダック(あひる)とグース(がちょう)があります。
          グースの方が鳥が大きいので、暖かく高級です。
  ダウン95%・・・タンポポの綿毛のような羽毛が95%入っています。
          ダウン率が高ければ高いほど、軽くて暖かいです。
  絹×綿の側生地・・・絹は高級でしなやかですが、摩擦に弱いです。
           現在はあまり使われていませんが、良い中身の羽毛布団には
            絹が使われていました。
以上の事からとても良いお布団です。
ですので、30年たった現在でも、新品に負けない保温力があったのですね!

お孫さん用に仕立て替え(リフォーム)をすることになりました!

新しく買った羽毛布団を使うので、このお布団をどうしようか・・・
と悩んでおられました。
引き取ってほしいともおっしゃっていました。
手放してしまうのは、本当にもったいない!
良い中身だからこそ、使う人がいれば仕立て替えして使った方が、お手頃なお値段で良いお布団ができます(*’ω’*)
今回は、お孫さん用に仕立て替えをしておくことになりました。
暖かいお布団が仕上がると思います。
捨てる前に一度お電話を頂けて良かったです!

ゴアテックスの羽毛布団にリフォーム(打ち直し)しました!

先日、ゴアテックスの羽毛布団にリフォームしてくださった大津市在住のY様よりお声を頂きました(*’ω’*)

思い入れのあるお布団(シングル)をご持参され、足し羽毛をしてクイーンロングのお布団をお造りさせて頂きました(*’ω’*) お持ちのお布団が最適なサイズであるとは限りません。
さわだふとんでは、ご希望のサイズのお布団に造り変えることができます。

別注サイズの羽毛布団

よく丈を長くできますか?と背が高い方がご来店されます。
既成サイズは、150㎝×210㎝ですが、150㎝×230㎝に造り変える、もしくは新品でご注文してくださいます。
最適なサイズに造り変えることにより、足が出て寒い、お布団の取り合いをしてしまうなど、気になっていることが改善でき、睡眠の質のアップに繋がります。
寒いシーズンによく聞くのは、寒さで夜目が覚める、なかなか寝付けない等です。
寝室の環境にも関りはありますが、少しでも快適に寝れるようにまずは、お布団のサイズの見直しをしてはいかがでしょうか?また、造り変えることにより保温力もアップしますよ(^^)/

羽毛布団のメンテナンスはされていますか?

毎日使う羽毛布団ですが、日ごろのお手入れはどうされていますか?
お布団は、お家で気軽にお洗濯できません。
しかし、お布団カバーはお洗濯できます! 出来るだけマメにお洗濯をする事をおススメします(^^)/
冬でもコップ1杯分の汗をかくといわれています。ですので、気が付かないうちにお布団カバーは汚れています。
私は、和晒ひとえガーゼのお布団カバーを愛用しています。薄手でとても柔らかく着心地が良い上に、軽く乾きが早いので、お洗濯しやすいです。真冬は冬のカバー(綿の暖かい物)に替えますが、和晒ひとえガーゼのカバーは年中使えておススメです(*’ω’*)


その他に毎朝お布団を4つ折りにして、グッとおさえることにより夜の湿気を含んだ空気を抜きます。
そして、手を離すと新しい空気が入ってお布団が膨らみます。
羽毛布団の中身の質が良く、元気であればある程、ふっくらしてくれます。
押してみてあまり戻らないようであれば、へたってきている可能性が高いです。

3年に1度の丸洗い

そして、3年に1度、じゃぶじゃぶお洗濯をしましょう(^^)/
お布団カバーを頻繁に洗っておられても、お布団自体も少なからず汚れます。
ですので、丸洗いをするとすっきりしますよ!
1度丸洗いをしたら、毎年しないと気になって・・・と最近は毎年持ってこられる方もいらっしゃいます。
お布団をご持参頂くと。毎回お布団診断を行っております。
側の汚れ・傷み、羽毛のへたりなどをしっかり見させて頂くので、ご安心ください。
丸洗いですが、通常1ケ月お時間をいただいておりますが、11月に入りクイックコースもご用意させて頂きました。
お洗濯、リフォーム等お布団の事だけでなく、気温が下がってあまり寝つきが良くない、朝スッキリしない等お困りごとがあれば、お気軽にご相談くださいね!



<前の記事