快眠ブログ

羽毛布団のリフォームが仕上がりました!

京都府宇治市在住 U様

羽毛がでてきてて・・・
リフォームを考えております!とチラシをみてお電話がありました。
お布団をご持参頂くと、とても良い中身が入った羽毛布団で、お揃いで肌掛けもお持ちでした。
中身が良いお布団は、買い替えよりもリフォームをおすすめしています。

リフォームのコース選び

リフォームといっても、当店では27,500円~220,000円までいろいろなコースがあります。
何が違うのか?下記④点が大きく変わります。

①長年使った羽毛を使うので、まずは羽毛を洗います。
  洗い方には、❶お布団のまま洗う ❷羽毛をガーゼの袋に取り出して洗う ❸直に洗濯機で洗う

❶側のまま洗う
❸直に洗う

②足し羽毛の種類と量
  羽毛の種類には、①グース ②マザーグース ③ダックがあります。
③キルト(縫い方)の種類
④側生地の種類
  大きく分けて、①ポリエステル ②綿 ③テンセルがあります。
  着心地がよいのは、③>②>①です。
  ポリエステルは、安価・軽量でよく使われていますが、汗を吸わない、蒸れる、中の羽毛が
  出やすいといったデメリットがあります。

着心地、お持ちの羽毛の種類、使用頻度、ご予算によりコースをご提案させて頂いております。
毎日、長時間使うものですので、慎重に選んで頂きたいです!

人気のコースは?

当店では、ゴアテックスの側を使ったものが人気です。
ゴアテックスの側(外側の生地)を使用することにより、PM2.5やダニなど中にはいりにくく、保温力が持続します。
また透湿性に優れているので、蒸れにくい!
身体に沿ってくれるので、暖かいとご紹介や、追加でされる方が1番多いです。
そして、西川のゴアテックスは軽い!
お値段は張りますが、ゴアテックスの羽毛布団は、打ち直し、新品ともに大人気です。

コースを選ぶポイントは?

たくさんの中から選ぶポイントは、今のお布団よりバージョンアップする事!
上記が必須だと思います。せっかくお金をかけるのだから、今より良いお布団にして頂きたい!
使ってみて残念に思ってほしくない!
私は常々思っております。
ですので、着心地をまずはお伝えしております。側が硬くなると、添いが悪くなりいくら良い羽毛が入っていても着心地は下がります。
今よりも良い側に、良い羽毛を入れる事がベストですが、優先順位をつけるとしたら、側のしなやかさだと思います。その次に、足す羽毛の種類と量のご提案をさせて頂いております。
以上の事を踏まえてU様は、西川のゴアテックス(テンセル生地・マザーグース足し)をご注文くださいました。
お時間は少しかかりましたが、仕上がってきたお布団を持って「軽い!」と一言。
来シーズンより使用されるとの事でした。きっと気に入って頂けると思います。


羽毛布団は、メンテナンスさえしっかりしていれば、長い期間快適にご利用頂けます(^^)/
今使っているお布団の状態を知っておくことも大切ですので、是非一度羽毛診断にいらしてください!
ご連絡をおまちしております。




綿100%の掛け布団

京都府城陽市在住K様

プレゼント用のお布団をご注文にご来店下さいました。
冬布団でしたら、羽毛布団が軽くて暖かいのですが、綿のお布団が好みの方だそうで、綿100%の掛け布団をご注文くださいました(*’ω’*)

メキシコ綿100%の掛け布団です!

汗をよく吸う綿ふとん

 掛け布団と一言で言っても、側の素材、中身の素材でいろいろなお布団があります。
冬のお布団は、軽くて暖かい羽毛布団が主流になっていますが、まだまだ綿布団を好まれる方もいらっしゃいます。
羽毛布団と比べると確かに重い!!でもその重さが好き!とよくききます(^^)/
お手頃・軽い・取扱店舗が多いなどの理由で、ポリエステルのお布団もたくさん出回っていますが、ポリエステルは汗を吸わない・・・・
よく聞くお話が、夜寒くて目が覚める・・・
お布団が滑って落ちてしまっている・・・・
ポリエステルのおふとんは、汗を吸わないので、蒸れて暑くなり、お布団を蹴ってしまっている可能性が高いです!!
そして、身体が冷えて目が覚める。
その点、綿布団は汗をよく吸うのでおすすめです!

綿ふとんのお手入れ

綿布団は汗を吸いますが、発散はしないです。
ですので、お天気の良い日は日干しのお手入れが必要です。
汗や、湿気を吸ったお布団は、日干しをする事によりふっくら気持ちよくなります。
いくらこまめに天日干しをしていても、お布団はへたります。
これは、綿布団に限らずお布団は、大なり小なりへたります。
でも綿布団に関しては、リフォーム(打ち直し)をして繰り返し使えるのです!!
ポリエステルのお布団は、基本的に使い捨てですが、綿布団は、ゴミになるのではなく再生できる資源になります!

綿ふとんは、サイズも厚みも、生地もお好きなものでお造りできます!
最近は、実家のお布団をご持参される方が増えてきました。
意外と、みなさん綿布団を使っていなくても持っておられます(*’ω’*)
掛け布団から敷布団を造ったり、お座布団を造ったりと必要な物を造れますので、お布団が見つかったら、簡単に捨てるのではなく、一度ご相談くださいね!

ご連絡をお待ちしております(^^)/

 

打直でお孫様用のお布団をお造りしました!

京都府城陽市Y様

打ち直しで敷布団を造ったけど、結局マットレスを買って使わなかったと、以前にご注文頂いたお布団をご持参されました。
お持ち込みされたのは、敷布団2枚です。
お話をお伺いすると、お孫様はお二人との事。
綿が足りたら2セットほしいとおっしゃいましたので、綿量を計りました。
どのような仕様にするかによって、必要な綿量は変わってきます。

洗って、防ダニ加工をご希望されました!

使っていなくても、保管している期間が長い場合は、お洗濯をおススメしています。
今回のお布団も使っていないとおっしゃっていましたが、湿気を吸って少し臭いがありましたので、お洗濯をする事になりました。
丸洗いをするとスッキリ気持ち良いので、最近はほとんどの方が洗われます。

また、防ダニ加工をされる方も増えてきました。
東洋紡の防ダニ綿を3割混ぜることにより防ダニ加工ができます。
防ダニ加工をする事により、必要な元綿の量が少なくて造れます。
ですので、今回は2セットお造りする事になりました。

ジュニアのサイズは2サイズ

ジュニアのお布団は2サイズあります。
大きな違いは、丈が25㎝変わります。
今回は、小さなお子様でしたので、短い方の160㎝でご注文頂きました!
ベッドの場合は大人と同じサイズですが、敷布団の場合は小さい方が軽くて扱いやすいです。
綿布団だと、成長に合わせてサイズの変更が可能です。(足し綿をすれば、ジュニアから大人用も造れます)
また、ふかふかで気持ち良い!とお子様にも好評なようで、遠方へ発送される方もちらほらいらっしゃいます(*’ω’*)

別注でカバーもご注文頂きました。

お布団は、上記の側でお造りさせて頂きましたが、お洗濯できるカバーが必要です。
日本製、綿100%の白カバーで、側の柄が見えるカバーも人気はありますが、羽毛布団のように全体的に覆うカバーにされる方も増えてきました。
今回は、全部覆うカバーを別注でご注文されました。
かわいいヒツジ柄で、色違いを選ばれました。

押し入れに眠っている綿布団の有効活用

不要布団を子供様・お孫様用に打直をして差し上げられる方が最近とても多いですが、里帰り用に造られる方も増えてきました。
働くお母さんが増えている中、おじいちゃん・おばあちゃんの支援が増えているようです。
お客様からお孫様のお話を聞く事も、多々あります。
押し入れの中に眠ってしまっているお布団を、有効活用されませんか?
他にも、いろいろな物に造り替えられますので、お気軽にご相談くださいね!

ひ孫様へのプレゼント(*’ω’*) 京都府城陽市在住Y様

綿のベビー布団 

先日、打ち直しでベビー布団は造れますか?と問い合わせにご来店くださいました。
もちろん、可能です。
ベビー布団には、フロア用とベッド用があります。
側も赤ちゃん用の柄から選んで頂けます。
里帰り用に使って頂いていたお布団を、子供さんが気に入って持って帰られ、もう一度ご注文してくださった方がいらっしゃる程、汗をよく吸う綿のお布団は、引き続き好評です。
ただ、どのように使用するのか?どの柄にするのか?等、自分用ではないのでなかなか難しいようです。

お孫様とご来店下さいました

Y様もどのようにしようかとおっしゃっていましたので、ご一緒にご来店頂く事をおすすめさせて頂きました。
ですので、後日お孫様とご来店くださいました。
お孫様のお話を聞いていると、フロア用でシンプルな無地がお好みとの事でした。
クリーム、ブルー、ピンク、キナリのサンプル生地を見て頂き、即決でキナリを選択してくださいました!
掛け布団と敷布団の予定でしたが、お昼寝等を考えて肌掛け布団もしてくださいました。
打ち直しも検討されていましたが、ベビー布団なので新綿にされました。

別注でカバーもご注文頂きました!

別注カバーのお取り扱いもあります!
ヒツジなどのかわいらしい物から、肌触りのよい無地まで取り揃えております。
また、大人とお揃いでお作りしたり、お持ちのお布団に合わせてお作りする事もできますので、お気軽にご相談ください👌
今回は、無地のグレーが良いとの事で、和晒ひとえガーゼの柔らかい生地でご注文頂きました。
羽毛布団のカバーとしても、大変人気のある素材です(*’ω’*)
私も使っていますが、軽くて、柔らくて気持ち良い!!!
そして、お洗濯が楽です。
お布団カバーのお洗濯は、結構大変ですので、この素材はおすすめですよ(*’ω’*)

引き続き綿のお布団は、人気があります。
特に子供の成長にも大きな関りのある睡眠ですので、良い物で良い睡眠が重要です。
お好きなサイズでお造りする事も出来ますので、お気軽にお問合せくださいね!
最近は、ベビーだけでなく、ジュニアのご注文も頂いております(^^)/







お座布団からお布団をお造りしました!

使っていないお座布団がたくさんあるのですが・・・

先日、ほとんど使っていないお座布団がたくさんあるので、お布団を造れないかな?
と相談に来られました。
基本的に綿綿のお座布団であれば、お布団を造る事ができます。
お値段等ご提案させて頂き、後日ご来店してくださることになりました。

とりあえず全部持って来られました!

必要な枚数が分からなかったので、とりあえず全部持ってきました!と25枚持って来られました。
綿を見せて頂くと、問題なく使える綿でした。
必要なのは、敷布団5枚との事です。

軽らく敷布団

腰らくスロープ敷布団

敷布団だけでも3種類あります!

打ち直しで敷布団を造るといっても大きく分けて3種類あります。
①全部綿のお布団・・・重いです
②中芯を入れた軽らく敷布団・・・軽いです
③傾斜をつけた腰らくスロープ敷布団・・・腰が楽です


プラスでそれぞれ防ダニ加工ができます。
価格は、①<②<③になります。

当初、①の予定でご来店されましたが、お布団をもって頂くとやっぱり②が良いと②を5枚造る事になりました。
でも、お話をおうかがいしていると、腰が痛いとのことでしたので、念のため③に試し寝をして頂きました。
価格は、高いですがやっぱり③が楽!とのことでした。
お一人でご来店されましたので、後日ご家族でご来店頂き、試し寝をして頂くと、やっぱり③がいい!
と皆様の意見が一致し、全部③でお作りする事になりました。

余った綿をどうするのか?

まだまだ綿が余るので、オーガニックコットンの和晒ガーゼの肌掛けや、下取り価格でご提供できるお座布団やごろ寝ふとんをご提案させて頂きました。
ガーゼの生地感をとても気に入ってくださったので、ガーゼの肌掛けと、ごろ寝ふとんをご注文頂きました!

必要枚数をお預かりさせて頂きました!

今回のご注文で、必要なお座布団は19枚でした。
当初余ったお座布団は、処分とのことでしたが、後々の事を考えて今回はお持ち帰りをされました。
捨ててしまったら、単なるゴミですが、綿は必要な物に生まれ変われる貴重な資源です。
使っていないお座布団や、お布団がある方は一度相談にいらしてください(^^)/


羽毛布団(リフォーム)を納品致しました!

以前にご紹介しておりました、羽毛布団のリフォームをお孫様用にご注文頂いておりました
京都府宇治市在住J様のお布団を納品させて頂きました(*’ω’*)

捨ててしまうとそれまでですが、一度見させて頂いた事により、あたたかいお布団に生まれ変わりました(*’ω’*)
これからまだまだ使って頂けますので、是非是非ご利用くださいね!

羽毛布団のメンテナンス
 毎日・・・四つ折りにして抑えて湿った空気を出す
 2週間・・・天日干し 片面1時間ずつ
 毎年・・・消臭・抗菌加工&乾燥
 3年・・・丸洗い
 5年・・・中身補充
 7~10年・・・羽毛のリフォーム

上記を参考にメンテナンスをおススメしております(^^)/
ご相談等お気軽にお電話・LINEにてご連絡くださいね!


自分ではわからない、枕の高さ

オーダー枕といっても・・・

以前からお世話になっている宇治市在住のT様より、羽毛のリフォームのご注文を頂きました。
お布団の引き取りも兼ねて、おうかがいすると娘様の枕のお話になりました。
T様は、オーダー枕をしてくださっていて、ご愛用頂いています。
娘様もオーダー枕の良さを聞き、他社でつくられたそうなのですが・・・
何回調整しても合わないみたい・・・とお母さまがおっしゃいました。
本来は、他社の枕の調整はデーターも何も無いのでしていないのですが、とても困っておられたので今回は特別にさせて頂くことにしました。

後日、枕をみせて頂きました!

寝て頂いた第一印象は高い!
横から見たときに明らかに首に負担がかかっています。
何回も調整に行ったのに、合わなくて失敗した・・・と後悔されていました。
測定をしてデーターを基に枕を造ってあるのですが、データーが全て正しいわけではありません。
また、お客様は低いと思って高くしてもらっていたそうですが、明らかに高いです。
寝ている状態は自分では確認できません。
オーダー枕の良い所は、お店で調整してもらえる所なのに、残念ながら高すぎるとのアドバイスはなかったようです。

調整してみました!

まず枕の構造と中材をチェックし、どこの部屋がどのような状態かを考えて、中材を計測しながらぬいていきました。
データーがあるわけではないので、かなりの手探りです。
しかし、枕が高い事は明白だったので、まずは、半分に減らしてみました。
そこから、カウンセリングと目視で微調整をし、なんとか調整終了!
結局かなりの量の中材を抜くことになりました。

1ケ月後、枕の感想をおうかがいしました!!!!

LINEでその後の枕の調子をおうかがいしていたのですが、 なかなかお返事が頂けず心配をしておりました。
そんな中、お布団が仕上がってきたので、ご来店くださいました。
その後枕の調子はよく、満足しているとの事でした。
データーも経験もない中での調整でしたが、満足頂けて大変嬉しく思いました。

オーダー枕の調整は経験値が大きく影響します(^^)/

今や、オーダー枕を扱っているお店はたくさんあります。
しかし、遠くから電車に乗ってご来店頂いている方もいらっしゃるほど、皆さん慎重にお店を選んでおられます。
その理由の1つに専門性があります。
量販店では、調整する人が退職、異動したり、また経験が浅かったりと偏りが出る場合があります。
しかし、地元専門店では異動はありませんし、オーナー店長は退職がありません。
また、データーだけでなく多くの経験を基に調整をさせて頂いております。
しっかりカウンセリングをする事により、今の状況を分析しお伝えすることもできます。

今回調整させて頂いたT様の娘様は、ご自分では低いと感じられていたようですが、結局は高すぎました。
お客様のご希望通りに調整する事も必要ですが、プロとしてしっかり説明し、アドバイスをすることにより、よりよい睡眠をとって頂けると思います。
睡眠にお困りの方、枕が合っていないと感じている方、是非一度いらしてください!

基本的に予約制となっております。
ゆっくりお話をさせて頂くことにより、より合った寝具のご提案をさせて頂いております。
LINEもしくは、お電話にてご連絡をお待ちしております(*’ω’*)

羽毛布団の仕立て替え(リフォーム)を納品させて頂きました(*’ω’*)

京都府城陽市在住 H様

H様は、お布団のメンテナンスにご来店されましたが、お布団を見せて頂くと側が傷んでいました。
側から羽毛が出ている事をH様も気が付いておられたので、以下のお話をさせて頂き、評判のよいゴアテックスの仕立て替えをご提案させて頂きました。
長い間お待たせしてしまいましたが、このように喜んで頂けると私たちも嬉しく思います。
ゴアテックスはムレにくいので、長期間使用される方が多いです。
これから、オーダー枕とオーダー敷きと合わせて快適にお休みくださいね!

①羽毛はアレルゲン

側から羽毛が出ている状態で使用することは、知らない間に体に入ってしまうかもしれません。
個人差がありますが、咳や鼻水が出る方もいらっしゃいます。
ですので、側が傷んでいる場合は、仕立て替えをご提案しています。

②長年使うことにより羽毛がへたり、保温力が下がってしまう

羽毛布団を使っておられる方は、感じていると思いますが、羽毛布団はへたって嵩が低くなってきます。
冬でも一晩にコップ1杯分の汗をかくといわれています。
汚れにより嵩が低くなってくると同時に、保温力は下がり始めます。
ですので、買った頃は1枚で暖かかったのに、最近は毛布を使わないと寒いとおっしゃる方がいらっしゃるのです。
仕立て替えは、羽毛を再生させます。しかも元気な新しい羽毛をたします。
ですので、保温力が戻ってくるのです。

③へたりすぎると仕立て替えをしても羽毛がもどりにくくなる

今年は、このまま使って来年以降に考えようかな・・・とおっしゃる方もいらっしゃいますが、羽毛は使えば使うほど、傷んでいきます。どんどん嵩が低くなっていくのです。
羽毛の痛みがひどい場合は、仕立て替えをしても羽毛が再生しにくい事があります。
そうなる前に、仕立て替えをする事をおススメしています。

洗い方、足し羽毛の質と量、側の縫い方、側の生地により価格は様々

価格には幅がありますが、さわだふとんで1番人気はゴアテックスの仕立て替えです。
今回のH様もゴアテックスをしてくださいました。
お値段は確かにはります!
しかし、ご紹介やリピートが一番多いのは、ゴアテックスなのです。
H様のように満足して頂けているからこそのご紹介・リピートだと思います。
羽毛布団で何か気になる事がある方は、一度羽毛診断に来られませんか?
お使いの羽毛布団の状態を知る事も大切です(*’ω’*)




宿泊施設の貸布団も承っております(^^)/

シーズンオフにメンテナンスをしております(*’ω’*)

個人のお客様はもちろんの事、宿泊施設の貸布団もしております。
さわだふとんでは、貸し出すだけでなく、自社工場がありますので定期的にメンテナンスを行っております。
綿布団は、天日干しする事が必要ですが、なかなか施設等のお布団は、難しかったりします。
ですので、半年に一度お布団を引き上げて、打ち直しをしております!!!

1晩でも気持ちのよいお布団でおやすみ頂きたい✨✨

睡眠は、とても大切です。
たとえ1泊でも旅の思い出に、布団が変わってしんどかったと感じるより、気持ちの良いお布団だった!
と思って頂きたい!
そんな思いから、半年に一度打ち直しをしております。
宿泊施設等、お布団をたくさん保管しているが、メンテナンスをあまりしていない。
常にお布団の需要があるので、なかなかメンテナンスできる日程がない。
等、お布団の事でしたら何なりとご相談ください!
自社工場だからこそ、お役に立てる事もあると思いますよ(*’ω’*)







30年間使用された羽毛布団!

新品の羽毛布団より古い方が暖かい!?

先日、羽毛布団のご相談がありました。
長い間使用して、羽毛が出るから買い替えたとの事です。
ただ、新しいお布団よりも古いお布団の方が暖かい・・・
良く聞くお話です(*’ω’*)
羽毛布団の羽毛には、いろいろな種類があります。
また、昔の方が質が良い物が多いです。
ですので、長年使用していた羽毛布団の方が新品の羽毛布団よりも暖かい場合があります。

お布団を見させて頂きました!

長年使用されていましたので、側が傷んで羽毛もへたっています。

ただ、30年使用したお布団にしては、嵩があります。
これは中身の質が良いからです。
最近のお布団は、数年でへたって嵩が低くなっているものが多々あります。
本日見せて頂いたお布団は、しっかり嵩がありました。

購入された時のチラシと、品質表示を見せて頂いたところやっぱり良い羽毛が入っていました。
 ハンドピック・・・良い羽毛を手摘みでとっていました(現在はしていません)
 グースダウン・・・羽毛にはダック(あひる)とグース(がちょう)があります。
          グースの方が鳥が大きいので、暖かく高級です。
  ダウン95%・・・タンポポの綿毛のような羽毛が95%入っています。
          ダウン率が高ければ高いほど、軽くて暖かいです。
  絹×綿の側生地・・・絹は高級でしなやかですが、摩擦に弱いです。
           現在はあまり使われていませんが、良い中身の羽毛布団には
            絹が使われていました。
以上の事からとても良いお布団です。
ですので、30年たった現在でも、新品に負けない保温力があったのですね!

お孫さん用に仕立て替え(リフォーム)をすることになりました!

新しく買った羽毛布団を使うので、このお布団をどうしようか・・・
と悩んでおられました。
引き取ってほしいともおっしゃっていました。
手放してしまうのは、本当にもったいない!
良い中身だからこそ、使う人がいれば仕立て替えして使った方が、お手頃なお値段で良いお布団ができます(*’ω’*)
今回は、お孫さん用に仕立て替えをしておくことになりました。
暖かいお布団が仕上がると思います。
捨てる前に一度お電話を頂けて良かったです!

<前の記事